写真をカメラです

写真をカメラです

元神戸高専写真部員で現社会人。オシャレ系フォトブログの道は諦めたので、アレコレ雑然と記しています。
写真や車、ガジェット関係の記事がほとんどで、長文傾向があります。ご容赦ください。

セラミックBB

DSC01453

バイト先の社員の方から短期使用品を4000円で譲って頂きました。※TOKEN製です

SHIMANOのBBがやたらと渋いのは有名ですが、どうやらベアリングのグリース(粘度?)が原因らしいです。耐久性が高いに越したことはないけど、ロードバイクのようなカテゴリーの自転車では性能を犠牲にしてまで耐久性を求める必要を感じません。クランクを付けた状態でも、ある程度勢いを付けて回さないと1回転くらいで止まってしまうというのは気持ちよくないですよねー。

まだ交換していませんが単体で触っても明らかに回転のスムースさが違いました。カラードレスアップ面でも映えてくれそうです。

ロードタイヤ交換

バイト先に発注していたタイヤが入荷したので、その場で交換して仕事帰りに少しだけ遠回りで走ってきました。

DSC01451

新品から50km程度走行したリアタイヤです。センターに残っていた薄いバリはほとんど取れました。PCモニターによって発色やコントラストが違うので補足すると、色はやや薄めの黄色です。どちらかというと蛍光系の発色かな?あとセンターはだいぶ汚れます。写真だとリアルよりだいぶ綺麗に写ってしまったので編集して実際に近づけてみましたが、もうちょっと汚いかもです。

初期のフィーリングではとりあえず普通のタイヤという感触です。
今のところ特に「おっ!?」となるような事は何もなく、ホイールへの嵌めやすさも乗り心地もグリップも普通。早くも2回ほど変なモノを踏んでしまいましたが傷は無いようです。

Line


しまなみ海道にて

食前酒


道後温泉へ行ったときの夕食で50マクロの試写をしてみました。この写真じゃよく分からないですね・・・。

ロードタイヤ発注

ロードバイクのタイヤは奮発してミシュランのPro3を使っていたのですが、フロントが500km程で異物裂傷によりリタイア、リアも600km程で同じく多数の裂傷によってリタイアとなりました。評判通り、軽さ、転がり抵抗、グリップ、乗り心地は非常に良いタイヤだったんですが、異物を拾いやすいのかゴムが裂けやすいのか簡単にズタズタになってしまいました。

結構高いのに1000kmも保たなかったとは俺の心もズタズタです。

これが言いたかった・・・というわけでは無く、このままでは自転車が走れないので新たなタイヤを発注しました。※店頭に1本しかなかったのでもう一本発注。

ultrasport_uv,property=original

「 Continental Ultra Sport 」


だいぶお財布に優しいタイヤになりました。ザフィーロを買おうかなーと思っていたんですが、同じくらいの値段でもう少しスポーツ寄り、かつ履いたことの無いブランドの製品ということでウルトラスポーツに変更。

この価格帯にしては少し密な84TPIで、重量も240g(2011モデル?)とソコソコな軽さです。公式製品ページでは白と黒の2色ラインナップみたいですが、旧品だと赤青黄もあったらしく、フレームに合わせて黄色(オレンジイエロー)を注文してみました。上位モデルのGP4000は定評あるタイヤなので、こいつにも期待しています。触った感じでは比較的柔らかいゴム質で、減りは早そうですがグリップと乗り心地は悪くなさそうです。

コンチネンタルを履いたら有名ブランドのタイヤは一通り履いたことになります。統一性ないなー。

ブログ内検索
過去記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きっしー

呟くことがあります。
  • ライブドアブログ