写真をカメラです

写真をカメラです

元神戸高専写真部員で現社会人。オシャレ系フォトブログの道は諦めたので、アレコレ雑然と記しています。
写真や車、ガジェット関係の記事がほとんどで、長文傾向があります。ご容赦ください。

Aマウントはじめました


いきなりですが、ご覧の通りディスコンホヤホヤのSONY A900を購入です。以前A200やA700を使っていたので、正確にはAマウント「復帰」かな?
最近NEXばっかり使っているので自分でも忘れかけているのですが、自分のメインシステムは一応Fマウントです。なのでAマウントレンズは持っていないのですが、幸運にもTwitter繋がりで50/1.4を頂ける事になりました。ありがとうございます!

というわけで、さしあたってとりあえずはストラップ探しでもしようかと思います。

※ちなみに上の写真で装着しているレンズは部室に転がってたZoom xi 28-105/3.5-4.5です。

Blue


最近濃い写真ばっかりだなーと自分でも思っています。

ポスタリゼーションTest



露出が肝になりますがハイコン好きとしては悪くない絵です。ちなみにポスタリゼーションモードでは露出補正が出来ないので「しきい値」は運任せ。こだわるなら後加工の方が良いですね。

Bridge


トイカメモードをオリジナルにLightroomでHDR風の調整してます。

高画素の価値は

垂涎のNEX-7が発表されてしばらく経ちましたが早く実機触りたいですね。発売はいつでしたっけ・・・?

ところで、α77とかいうNEX-7の陰に隠れて存在価値に疑問を感じざるをえない一眼レフっぽいカメラと同時採用された2430万画素の超高画素センサーは気になる所です。個人的に高画素というのは、繊細な描写と豊かな階調表現が要求される被写体に対し、優れたレンズの美味しい所(絞り)を使い、低感度で撮影できる光線状況で初めて意義のある活躍をする性能だと思っています。自分の撮影対象や撮影スタイルには不要です。低画素センサーの方が色々と便利なのになー。

最近の画像処理は凄いので高画素でも高感度で画質に大きな破綻は起こりませんし、低画素の方が高感度耐性が云々と言っても笑われてしまうかもしれません。でも、使えもしない画素を増やし続けて無駄にするぐらいなら、最初から低画素にしてくれれば良いのに...と思ってしまいます。センサーの画素数が製品のクラスを象徴するという古の呪縛からデジタルカメラが解放されるのはいつになるのやら。

ブログ内検索
過去記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きっしー

呟くことがあります。
  • ライブドアブログ