写真をカメラです : 自転車

写真をカメラです

元神戸高専写真部員で現社会人。オシャレ系フォトブログの道は諦めたので、アレコレ雑然と記しています。
写真や車、ガジェット関係の記事がほとんどで、長文傾向があります。ご容赦ください。

自転車

Velvia

DSC01327

思い立ったので、わざわざ元町のカツミ堂までベルビアを買いに行ってきました。
まぁ自転車で行ける距離ですからね(白目

帰りにセルシオにクラクション鳴らされてイラッとしました。自転車と並んで信号待ちをしておいて、信号が変わった途端に左折しようとして邪魔になった俺にクラクションです。セルシオとかクラウンとか外車とかはそういう傲慢なドライバーが多い傾向にありますねー。ちなみに、その後しばらく走っていたら対向車線を走るおじいさんローディーにニコッとお辞儀されて心のモヤは晴れました。

jiga

ちなみにこれが今日の出で立ちです。かなりTREK臭いジャージですが、コイツが乗っているのはANCHORです。

KMCミッシングリンク

DSC01306

使用中のミッシングリンクがひょっとすると寿命かもしれないので新品に交換しました。なんとなくゴールドにしました。ネットのレビューではゴールドの方が繋いだ場所が見つけやすくて便利だそうです。早速学校までを往復してみたところ、たまに起きていた歯飛びが無くなった・・・ような気がしますが、もう少し様子見です。

DSC01313

ちなみにこれが使用済みミッシングリンクです。友人から中古をチェーンごと譲り受けて使っていたので、2オーナー目の自分を含めると相当な距離を耐えてきたと思われます。インナーリンクが擦れる場所が削れて溝になり始めています。写真写りの都合でかなり汚い錆びも見えますが、実際は多少腐食している程度です。


ところでKMCのミッシングは相性問題が有名ですが、少し調べたのでまとめてみます。あくまでもソースはネット上の情報の寄せ集めなので参考までに。

種類

CL559S(旧品番)
・オレンジパッケージ:Shimano,KMC共用
・紫パッケージ:KMC用
CL559R(現行品番)
・紫パッケージ:Shimano,KMC共用
CL559C(現行品番)※KMC本家ページではCL559CRに変更済み
・グレーパッケージ:Campagnolo用

4種類が存在するようですが、シマノ用はR(紫)かS(オレンジ)かの2種類です。Rの方が新品番のようですが、市場の在庫がどうなっていくのかは不明です。

互換

CL559S:CN-5700系,CN-6700系,CN-7900系
CL559R:CN-5600系,CN-6600系,CN-7800系

※ただし、CL559Sは旧品番チェーン(偶数品番)にも使えると思います。実際に自分はCN-7801とCL559Sの組み合わせで使っていましたが全く問題ありませんでした。今回はCN-7901との組み合わせですが当然問題無しでした。
カンパ用は情報が少ないのですが、特に相性問題が無いという事かな?たぶん。

ということで・・・

なぜか旧ミッシングリンクの方は新品番チェーンに対応するのに、新ミッシングリンクは新品番チェーンとは相性が悪く、脱着が渋いor脱着出来ないらしい。でも、構造的には装着できれば外せないという事は無いはず・・・。外し方が分かっていない方も多少いらっしゃるようなので、仕様のせいというのは眉唾な気もします。
KMCのミッシングリンクはプレートに若干の反りがある個体があり、単純に真ん中をつまんでスライドさせれば外せるとは限りません。両手を使ってプレート全体をインナーリンクに密着させながらスライドさせると簡単だと思います。
※ミッシングリンクの相性問題がメンドクセェと言うならウィッパーマンのコネックスリンクというモノもありますが、なんか分厚いし純正とはかけ離れたプレート形状が気になるので自分は使ってません。友人がSRAMコンポで使用中です。

サングラス


この季節のサイクリングには必須のアイテム、サングラスを買ってみました。透過率は36%、カラーは赤、レンズはミラーです。ネットで型落ち激安のGIROのサングラスを見つけてはいたものの、やっぱりフィッティング重視ということで実際に試着できるバイト先で購入しました。国内メーカーは流石のフィッティングでした。

オークリーなんかに比べれば安いものですが、それでも定価では万単位の代物なので落としたり無くしたりするとショックが大きそうです。もっと安物でも良かったなー・・・(汗

FC-6700


クランクをアルテグラに交換しました。52-39Tの170Lという最もポピュラーな寸法です。

手元にクランクが3本あったので、参考までにBB抜きの重量を調べてみました。
※アナログの料理秤なので精度は微妙です。

FC-5600:760g 52-39T 170L
FC-5750:700g 50-34T 165L
FC-6700:696g 52-39T 170L

ショートアームのコンパクトからの交換なので、105とアルテグラの軽量差分はほとんど吸収されてしまいました。しょぼーん・・・。


・追記
コンパクトとの大きな差は、アウターにシフトしなくても走れる速度域が広がる事。あとは変速性能の向上。どちらかというとコンパクトの方が諸々のデメリットと引き替えにローギアを手に入れている代物ですが・・・。今回諸事情でコンパクトを使ってみたけど、やっぱりノーマルの方が良いかな。コンパクトはフロント2枚のギア比が大きいので、シフトしていくと使いたいギア比がタスキ掛けになってしまったりするのが不快。

自転車撮り直し


やっぱりズームはシャキッとしないなぁ・・・。

そういえば国際交流の撮影でも集合写真は単焦点で撮りました。等倍にしてみると差は雲泥。まぁ普通は集合写真くらいじゃないと拡大観察しないので、通常撮影は便利ズームでした。

ブログ内検索
過去記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きっしー

呟くことがあります。
  • ライブドアブログ