写真をカメラです : オーディオ

写真をカメラです

元神戸高専写真部員で現社会人。オシャレ系フォトブログの道は諦めたので、アレコレ雑然と記しています。
写真や車、ガジェット関係の記事がほとんどで、長文傾向があります。ご容赦ください。

オーディオ

続PC用ヘッドホン

いろいろリサーチ中ですw

予算限界もしくは貯金で予算上乗せして出来るだけ良いモノを買うか、フィット感だけを重視して音には妥協するか・・・で迷います。

どっちにしろ今の予算はどんだけ頑張っても6kが限界なので、たいした物は買えない。ならいっそのこと長時間装着して疲れないという条件さえ満たせば安物で良いんじゃないか?・・・い、いいのか?

AKGのK121 Studio(ゴールドカラーのハウジングがかっくいい)を買ってみたいけど、単純に惹かれているだけであって今回の購入目的からはコースアウト。

とりあえず本命はSONYのMDR-XB500で。5kちょいで買えて、音の評価もわりと高くて、装着感の評価がやたら高い。予算を使い切るならコレかな。1つ下位のXB300なら2kほど安くなるので迷う。

他にはオーテクのATH-CL350とSONYのMDR-IF240RKが激安ワイヤレスヘッドホンで気になる。ワイヤードでも普通に使えるけど、下に垂れ下がったコードをPCチェアーで踏みつけたりするのでワイヤレスは便利そう。部屋の中も歩き回れるしw
ただ両機ともノイズや音質で値段なりの問題はあるらしい・・・。

あとは安いモデルでSONYのMDR-570LPとか。以前ソフマップで見かけたときに装着感と見た目が気に入って欲しくなったことがある。ただし今回は室内用途のつもりなので見た目はどうでもいい。

他にも調べれば調べるほど色々出てきて・・・・・・もうなにがなんだか。音質についてはネットレビューを元に傾向は掴めるけど比較はしづらいし、装着感も人によって多少違うし・・・。やっぱ試聴しないと始まらないか。

PC用のヘッドホンを・・・

買いたいな〜・・・みたいな。

あーうーあー、オーディオ分野に金をかける余裕など無いのに><

SONYのMDR-XBシリーズが気になってしかたない。

PC用途のヘッドホンは長時間装着するので側圧が弱めで優しくフィットするようなモノが良いんだけど、自分のAKG K81DJは側圧がめっちゃ強くて長時間は厳しい。
どれ位かというと、頭を振りまくってもほとんどズレないほどw
長くて4〜5時間は付けっぱなしだったりするので耳がイタタタタ・・・になる。
※その強力な側圧がありがたい時もあります。

そこへ来てXBシリーズはふわふわの装着感らしい。デザインも結構好みな感じ。
音の方も、300/500/700の3グレード全てで低音重視のチューニングらしいのでたぶん好みの音なハズ(まだ視聴したことないけどw)

側圧が弱いとズレやすいけど、PCの前に座りっぱなしの用途では問題無し。
ネットでは「外で使用する勇気を下さい」とのレビューもあったので音漏れしやすいのでしょうが、使用場所は自分の部屋なので誰も文句は言うまい。

K81DJはズレにくいので屋外用途、XBを自室用途で・・・というのはどうだろう?

誰に聞いてるねんって感じですが。

ネット最安は300が3kぐらい、500が5kぐらい、700が7kぐらいと分かりやすい設定w

三宮のジョーシンで試聴してこようかなぁ・・・。

新しいイヤホン

また買っちゃいました。といっても父さんが奢ってくれた。ありがたやありがたや><

明日届くはず・・・

iPod付属のイヤホン

新品のiPodを買うと必ず付属しているイヤホンで、すごく安物臭さが漂う一品です。

音質は悪いと言われています。一部の人は褒めてたりするけど・・・どうなんだろう。
自分が普段使ってるイヤホンもオーテク製の1500円程度のモノなので、音質に関して文句は言いにくい。しかしこの際問題なのは形状です。

最近主流の耳栓みたいに突っ込むタイプをカナル型と言い、昔ながらの耳介に引っ掛けるタイプをインナーイヤー型と言います。
(自分は耳栓タイプの方がインナーイヤーっぽいと思うんだけど)

で、iPod付属イヤホンはインナーイヤー型です。ジッとしている時に聞く分には違和感も無いので好ましい形状だが、外で歩いている時やら自転車に乗っている時には使えたもんじゃない。ウィキペには「その多くが耳の形状に合うように設計されているため装着感が良く、スポーツなど激しい動きでも脱落しにくい。」と書いてあるが、んなことはない。むしろ最も外れやすい形状である。音質以前に耳から外れるようじゃ使い物にならないが、残念ながら付属イヤホンは外れてしまう。

以前使っていたiPod付属のモノはなんの変哲もないイヤホンだったので迷わず社外製を使っていたのだけれど、最近買ったiPod touchに付属しているイヤホンは音量調節やら曲送りや停止が出来るマイク内蔵リモコン付きだった。これは惜しい・・・。リモコンは欲しいがドライバー部分は以前としてインナーイヤー型。このジレンマ。

カナル型は耳に負担が大きいらしいという事もあってインナーイヤー型も使ってみみたけど、やっぱり取れてしまうし、少し頭の角度とかを変えただけでイヤホンが動いて音の大きさとか響き方が変わってしまう。

安物のままでいいからAppleは付属イヤホンをカナル型に変えるべき。

iPod touch購入

というわけです。

初代が発売された時は、確かに凄いけどなんでこんな高いのを買わなあかんねん・・・とか思ってたけど、ふと気がつけばだいぶ安くなっていました。

少し気持ちが傾けば、あとはフルオートで物欲が加速します。あれよあれよと言う間に iPod touch 到着。



シンプルで画面がデカい。



明るい所でも画面は見やすい。輝度は調節ゲージの真ん中ぐらいに設定。



32GBモデルを選択。美しい光沢と曲線。でも傷付いていくんだなぁw

※奥に白いのが見えているのは付属のリンゴシールを貼ってるからです。机などに直置きしてもあまり背面が傷付かないようにするための最低限の措置w


第3世代(Late2009)の32GBと64GBのモデルはプロセッサのクロックアップとメモリ増加によって処理能力が向上しているようです。初代の2倍くらい、第2世代の1.5倍くらい、iPhone 3GSとは同等の処理能力らしいです。事実、一番期待していたブラウジングスピードもなかなかのモノ。当然ながら自分のデスクトップPCには劣るものの、ちょっとへぼいPC並のスピードでページが開きます。まぁ実際のハードスペックを見ても一世代前のPC並だしな・・・。

これほどの性能がこのサイズで実現できるというのは凄いなぁ・・・。


まだほんの少ししか触ってないけど軽〜くレビュー

●インターネット
さすがに長時間は疲れるけど十分快適。比較対象としてPSPよりも快適かな。フラッシュに対応してない事は少し残念です。PCとのブックマーク同期がありがたい。
●ミュージック
当然ながらiPod並です。画面がデカいのでアルバムアートワークとかが綺麗。振ってシャッフルする機能と本体内スピーカーが便利。
●ビデオ
やはり画面のデカさが活きます。ビデオ鑑賞がまともに楽しめるレベル。
●アプリ
ネットに繋がるというだけでアプリの可能性は無限大です。お天気やらメールやらインターネットラジオやら・・・かなり便利。あんまりゲームをやろうとは思っていないのでゲームについては今のところ不明。便利ツール(スケジューラーなど)等が多く、PDAみたいな感じで使えそう。名付けるならネオPDAとでも。
●操作性
感度精度共に素晴らしい。ハードウェアの性能だけじゃなく、ソフト面でもタッチパネルを活かした操作方法になっていてとても使い易い。些細な事だけどHOLDスイッチは従来のiPodのスライド式の方が好み。
●デザイン
一般的にこのデザインが嫌いだという感性の人はあまりいないと思う。背面が美しい鏡面であるが故に、その鏡面を守るためにカバーやプロテクターを装備して鏡面が隠れてしまうのは滑稽なので自分はそのままで使用することにする。薄いのは良いが、落としそうで少し怖いw
●電池
保ちはボチボチかな。音楽をイヤホンで聞いているだけの時と、アプリとかネットとかで操作している時では激しく電池の消費が違うので評価が難しい。オーディオ以外の用途で長時間使い続けるには適さない電池容量。


あんまり文章が長くなってもしんどいのでこのくらいで。自分は27kで購入たけどコストパフォーマンスはかなり高いと思う。満足満足w

ちょろっとネットするぐらいならUMPCとかじゃ無くてiPod touchでもイイかもしれない。
自分は今のノーパが壊れない限りモバイルPCを購入する必要は無くなってしまった。

そういえばiPod touchの液晶は480*320でアスペクト比が3:2という仕様です。つまりデジイチ(4/3機を除く)で撮った写真がピッタリ全画面です。これは地味だけど嬉しいw
ブログ内検索
過去記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きっしー

呟くことがあります。
  • ライブドアブログ